· 

ブラック校則から見える学校というところ

私は市役所、児童相談所

いろんなご家族の相談を受ける

というお仕事をしてきました。

 

またうちの子は

不登校だけど

私服でなんとか

学校にたどり着いたのに、校長先生に

「困ります!

 規律が守れません。」と言われたな。

いえいえ私は

規律よりこの子の命を守りたいので

大丈夫です。

(先生ごめんやで!こわいよね!)

 

 

 

 

 

 

ブラック校則について

今、テレビで

「これおかしくない?」

と言ってるのを見て

思ったことを、、、。

(でもこれ、けっこうどれも当たり前に

みんな守らされてるでーと思う。

下着白とか、

カーディガン不可とか。)

 

 

 

 

 

 

例えば

茶髪にした子は

学校に入れません。

 

これをいいと思うか

おかしくない???と思うかは

自由だと思う。

 

と、自分の身を守ったところで😅

 

 

 

 

 

 

 

私は茶髪でもよくないか?

と思うほうの人。

なんなら

茶髪がダメとわかってはいるけど

茶髪にしないといられないほど

なんか強い思いがあるのよ、その子。

怒りなのか

不安なのか

寂しさなのか。

なんで

「あかんけど、入れ!」と

言ってあげられないのかなと思ってね。

 

学校から

「茶髪なので学校に入らせられません。

 つまり不登校なので

 教育ネグレクト、虐待です。

 児童相談所から指導を、、」

とか言われたことあるけど

全く意味がわからない。

あなたがまず

全力でその子を拒否してるやん。

その子が

茶髪があかんことをわかっているにも関わらず

学校に行った

そのことをまず受け止めることは

できひんのかなと。

校門から無理やったとしても

そこでその子が

髪の毛の色を戻して

またこの先生に会いたいと

思わせることはできひんのやろか。

できひんねんやろな😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

責めているわけではない。

校則は守るもの!

ってとこで

頭ガチガチにしてると

見えないことがある。

それは学校も

親も

子どもたち自身も。

自分のやりたいことするには

どうしたらいいか

自分の力で

考えることができるといいなと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中茶髪でも

入れるとこあるし、できることはある。

まあ!気にしない気にしない!

 

ブラック校則からも

学ぶことあるある。

 

 

 

 

(ご無沙汰でした。ぴょんきちでした。)