フリースクールの休校決定と今後の対応について(学校関係者各位)

2020/02/28

フリースクールの休校決定と今後の対応について

 

 学校関係者各位

奈良スコーレ

代表 宇陀直紀

 

 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は奈良スコーレのフリースクールへのご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 さて、このたび新型コロナウィルスの感染拡大など社会的状況を考慮し、奈良スコーレでも保護者や子どもたちと対話を重ねました。現段階での結論として、子どもの通学途上やフリースクール内での長時間集団で居ることの環境などを考慮し、フリースクールを休校とすることを決定しました。以下の通り、これまでの経緯と今後の対応について見通しをお知らせします。

 なお、本来であればお電話やご訪問などで直接お話するべきことですが、各学校の皆さまにおかれましては目下の対応に大変慌ただしくなっていることと思いましたので、このように文書でお知らせとご相談する形になってしまったことをお許しください。最後に、皆さまの安全と健康を願います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

≪本件に関する奈良スコーレの対応経緯について≫ 別紙参照

≪今後の対応について≫

 フリースクールは2020年3月2日(月)から休校します。休校の期間は、現在のところ3月2日(月)から5月29日(金)までと考えています。

 2020年3月2日(月)より、休校の代替案として、現在通っている子どものうち希望する方はオンラインで学ぶことができます。希望される場合、奈良スコーレよりiPadを貸出します。

 子ども・保護者が安心、安全で居られること、またお仕事やご家庭の都合もあるかと思いますので、個別的に来所や訪問についてご対応させていただきます。

≪ご検討いただきたい事項≫

 現在フリースクールに通う児童生徒で、指導要録上の出席扱いとしているものにつき、ICTを活用した学習活動による出席認定に該当するかどうか。

以上

 

 

 

添付書類

以下、文科省の通知と調査結果から抜粋します。

 

「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」

令和元年10月25日(元文科初第698号令和元年10月25日)

1  不登校児童生徒への支援に対する基本的な考え方

(2)学校教育の意義・役割

    特に義務教育段階の学校は,各個人の有する能力を伸ばしつつ,社会において自立的に生きる基礎を養うとともに,国家・社会の形成者として必要とされる基本的な資質を培うことを目的としており,その役割は極めて大きいことから,学校教育の一層の充実を図るための取組が重要であること。また,不登校児童生徒への支援については児童生徒が不登校となった要因を的確に把握し,学校関係者や家庭,必要に応じて関係機関が情報共有し,組織的・計画的な,個々の児童生徒に応じたきめ細やかな支援策を策定することや,社会的自立へ向けて進路の選択肢を広げる支援をすることが重要であること。さらに,既存の学校教育になじめない児童生徒については,学校としてどのように受け入れていくかを検討し,なじめない要因の解消に努める必要があること。

    また,児童生徒の才能や能力に応じて,それぞれの可能性を伸ばせるよう,本人の希望を尊重した上で,場合によっては,教育支援センターや不登校特例校,ICTを活用した学習支援,フリースクール,中学校夜間学級(以下,「夜間中学」という。)での受入れなど,様々な関係機関等を活用し社会的自立への支援を行うこと。

    その際,フリースクールなどの民間施設やNPO等と積極的に連携し,相互に協力・補完することの意義は大きいこと。

 

児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について 令和元年 10 月 17 日(木)文部科学省初等中等教育局児童生徒課

(5-10) 学校外の機関等で相談・指導等を受け,指導要録上出席扱いとした児童生徒数(人) 小学校 5,148件  中学校 18,046件

(5-11) 自宅におけるIT等を活用した学習活動を指導要録上出席扱いとした児童生徒数(人) 小学校 88件  中学校 198件 ※5-10の児童生徒と重複している数

 

全国的に見てもこれまでの事例が少なく、かつITでの学習環境、児童生徒とのコミュニケーションのあり方などを各学校の方々とご相談の上、子どもたちの最善の利益となるようになることを思っています。また、学習の体制について、出席の確認方法については後日、別の書類を作成しご説明させていただきたいと思います。