· 

5/9母と子が語り合う不登校体験【〆】

このイベントの参加募集〆切りました。(2020/5/4 7:05)

不登校、という現実がのしかかる。
「あのとき、息子は何を感じていたか? 親に どうして欲しかったのか?」
「そのとき、母は何を考えていたか?  子どもに どうして欲しったのか?」
・・・子どもを理解しようとしてもむずかしい。
・・・理解しているつもりで、実はぜんぜん的はずれ、

不登校の子どもを抱える親と、
その当事者が、いかに意思疎通できていないか?
できているつもりでも、
出口のないトンネルの中にいるような現状、、

そんな悩みを共有しながら、
少しでも心が軽くなり、「その道の先」が見えてくることを願って、

不登校を共に歩んだ、子どもと親、それぞれの言い分を
Web公開トーク番組として、企画しました。

ご興味ある皆さまのご参加を、お待ち申し上げております。

≪日程≫5月9日(土)13:00~19:00
≪場所≫ZOOM
≪対象≫学校に行かない子どもの保護者、FS・AS・居場所・学校関係者、関心のあるかた等
≪参加費≫無料(プレ企画のため)

≪お申込み・お問い合わせ≫〆切 5/5(火)
このGoogleフォームよりお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/120VPHWe5nRWxfha7tOogqvbl3CXZpDaXYpPo8-P7XGE/viewform?edit_requested=true

◎事前準備・当日について
ZOOMは、PC・スマホ・タブレットなどで視聴することができます。
事前にアプリのインストールをお願いします。
当日、ZOOMのミーティングURLを送りますので、連絡のつくメールアドレスをお知らせください。

≪はなすひと≫

宇陀 寿美惠(63歳)
東京生まれ、兵庫育ち、大学卒業後、OLや児童英語講師などを経て、
晩婚で奈良県に嫁ぐ。40歳の手前で一人息子を出産。
息子が小学1年で不登校気味になり、共に試行錯誤を重ねたあげく、
実家(兵庫県)に移動し、西宮市内のフリースクール通いをサポートする。
その後2004年に、大阪市内で「フリースクールみなも」の立ち上げに協力し、
現在に至る。塾の授業とファンクラブの雑務に追われる毎日を過ごしている。
・NPO法人フリースクールみなも理事&学習指導(主に英語と国語)
・「DJFC」代表(2020年1月~
(カザフスタンの歌手「ディマシュ・クダイベルゲン」を日本で応援するファンクラブ)

宇陀直紀(24歳)
奈良県でフリースクールを作ってる。
小1から不登校で、小・中はフリースクールに通ったり、
家でひたすらゲームをしたりして過ごす。高校は進学せず、
アルバイトをしつつ高卒認定取得する。
教育社会学に興味を持って大学に進学したが、合わなかったので退学。
働きながら通信制大学で学び、社会福祉士取得。
「フリースクールで学んだ若者の自立過程」を知りたくて大学院に入る。
2020年3月修了(修士・教育学)。
2019年4月に開校したフリースクール奈良スコーレは、現在オンラインで活動している。
・合同会社奈良スコーレ代表社員
・奈良スコーレ代表

≪コーディネーター≫